私は他のサイトにビジネスプランのサイトを構築してお客様に提供をしてある。

介護職がメインでそちらは副業です。
そもそも介護職は給料が安く他に収入がなければならないのです。

■以前の日記参考■

さてブログを立ち上げて、どのぐらいで見てくれるのでしょうか?

まずいくら書いても最低1ヶ月は誰もきません。
来るのは他のサイトに登録した業者がサイトの状況を確認するために訪れる程度です。
アダルトサイト等のチェック

大体は1ヶ月で挫折して諦めてしまうのが多いです。残念です。

本題ですが

ブログを育てていく上で、更新頻度を気にする方もいるでしょう。

そこで今回は更新頻度の選び方をご紹介します。

性格などによってやり方を変えていくと、継続的に取り組むことができますよ。  

ブログの更新頻度で変わるアクセス数を見てみよう

サイトは定期的に更新したほうがいいと言われます。

では具体的にどれくらいの頻度で更新するのが最も効果的にアクセスを集める方法なのかを考えていきましょう。

私のサイトは最低3日に一回の更新を心がけています。

他のサイトでは一日で20記事づつ更新したり週に一度更新したりと、色々試してみましたが1ヶ月単位で放置しない限り、評価は変わりません。

ただ、更新頻度によって訪問者の増え方が変わるのでアクセス数による評価とモチベーションの違いはあります。 

例えば3日に一度の頻度で更新している場合はサイトの情報量が増えるのと同じようにアクセス数も徐々に増えていきます。

本当に少しづつの上昇なので、モチベーションを保つのが難しく、挫折する原因とも言えるでしょう。

最低3日に一回更新しているブログのアクセス推移はこんな感じになっています。 

まだ育てている途中なのでかなりショボいですが大体100記事を超えた辺りからアクセスが増え始めました。

ちなみにSEOに強い賢威テンプレートを使い始めたのも3月くらいなので、その影響もあると思います。

このデータとは逆に一日10記事づつ更新を続けたサイトはもっと早めにアクセス数が集まり始めるのでアフィリエイトで報酬を得るのが速い反面記事の質が下がったり、ネタが続かないことがよくあります。  

結局オススメの更新頻度とは

検索エンジン側の評価を気にするなら定期的に更新するのがオススメです。

それ以外に更新頻度を決める基準は自分がどれくらいのスピードで報酬を得たいのか、アクセスを集めたいかによって変わってきます。

飽きっぽい方は、1ヶ月くらいで100記事くらい作ってしまえばそれなりのアクセス数が集まりますので記事からアフィリエイト商品への誘導がうまくできれば速い段階で報酬を得ることができるでしょう。

※毎回100文字にも満たない日記ブログではダメです。

評価される記事作成方法の文字数などを参考にしてください。 

つまりは自分の性格に合わせて継続して続けられるようなサイト更新頻度を選ぶのがオススメの方法です。

どれだけたくさんの記事を書いても質が低かったり、学ぶことのない内容だったらファンが集まることはありません。

少しでも内容の濃い情報を発信しながら継続してサイトを更新できる方法を見つけてください。

書く事が無くなった方はネタが無くなった時の対処法を参考にして記事数を増やしていきましょう。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.24 Sun l 副収入のすすめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
■介護職にアフィリエイトをおすすめする理由

家にいながら副収入を得られるアフィリエイトですが、

他にもいろんな良い点があります。

今回は、介護職にアフィリエイトをおすすめする理由についてお話します。

すぐに始めることができるネットにつながるパソコンがあれば、今日からでもアフィリエイト生活をスタートさせることができます。

特別何かを用意する必要はありません。

パソコン一台又はスマートフォン、それだけです。

ツールやブログのテンプレートなど、持っていると便利なものもありますがそれらは、おいおい必要になった時に入手していけばよいです。

初期費用やリスクが少ないオフラインでビジネスを始めるときのことを想像してみてください。

事務所や店舗を借りる費用・備品を用意する費用・スタッフの人件費自宅で一人で始められるアフィリエイトには、これらは必要ありません。

パソコン一台あれば始めることができます。

また、商品を仕入れる必要もないので、在庫を抱えるリスクもありません。

学歴や資格、特別なパソコンスキルは必要ない介護の世界では、ホームヘルパーや介護福祉士、看護師やケアマネなど、それぞれの職務に資格が必要です。

しかし、アフィリエイトを始めるにあたって、特別な資格や免許は必要ありません。

また、求められるパソコンスキルもインターネットを利用してブログやサイトを見ることができる

メールの送信ができるこの程度で問題ありません。
普段、誰もが普通にやっていることですよね?

現に、今このブログをご覧になっているあなたは、すぐにでもアフィリエイトを始めることができます。

時間や場所の制約がないこれこそが、介護職にアフィリエイトをおすすめする一番の理由です。

夜勤が多く、生活が不規則になりがちな介護職です。

また、アルバイトをしたくてもシフト制であるため、なかなか難しいのが現状ですよね。

その点アフィリエイトは、自宅で、自分のペースでできるビジネスです。
特に、お子さんのいらっしゃる女性介護職の方にはぴったりの副業と言えます。

どうでしょうか?私も介護職をしながら、空いた時間にアフィリエイトに取り組んでいます。

給料が少ない介護職ですが、それを嘆いていても何も変わりません。

アフィリエイトには、それを補う可能性があります

書店でもインターネットでも詳しく書いています。

1度参考までに検索してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.20 Wed l 副収入のすすめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
介護職1ヶ月目

先日、私は体調をくずしてしまいました。

朝の5時ころでしょうか? ベッドで寝ていて、なんだか突然気分が悪くなってきたのです。

なんとなく熱っぽいです。 同時に襲う、激しい腹痛…

急いでトイレに駆け込みました(汗) (汚い話ですみません)

その日は、夕方から夜勤だったのですが、 とても行けるような状況ではありません。

申し訳ないのですが、 施設に連絡して、その日は休みをいただきました。

近くの病院に行ったところ、 急性胃腸炎との診断結果が。

「疲れやストレスがたまっていて、抵抗力が落ちていたのでしょう」 とのことでした。

幸い、重い感染症ではなくホッとしましたが、 介護という仕事がら、2~3日は仕事を休むことになりました。

※介護施設の利用者さんは、体の抵抗力が弱いため 職員が病気になると、完全回復するまで休めと言われます^^;

今回は2~3日の欠勤で済みました。

しかし、もし大きな病気やケガで 長期入院になってしまったらどうでしょうか?

突然、収入が途絶えてしまいます。

介護施設は 給料が日給月給制なんです。

つまり、休んだ日数分はしっかりと減らされてしまいます。

もちろん、有給ないし、 長期で休んだとなると、そうもいきません。

もし、家庭をお持ちの方であれば、 家族が路頭に迷うことにもなりかねません。

収入源が1つしかないと、 常にこのようなリスクが付きまといます

私の場合は介護職の本業のほかに副業がありなんとか暮らせてます

前職がコンピューター関係だったのである程度のビジネスプランはあります。




特に、介護職というのは、

・ストレス ・感染症 ・腰痛

常に、このような危険と隣り合わせの仕事ですよね。

いつ倒れてしまうかわかりません。

しかし、 アフィリエイトで 別の収入源を確保しておけば心配いりません。

しっかりと稼ぐ仕組みを作っておけば、 それこそ入院中でも収入が発生します。

自分が作ったブログなどの媒体から 勝手に商品が売れていくからですね。

繰り返しますが、介護職は危険と隣り合わせの仕事です。

万が一に備え、 今からアフィリエイトで準備をしておきましょう。

アフィリエイトについては、詳しく解説し。 よかったら、参考程度に見てください

こんな事書いて結局 なんか教材を買わせて自分の利益にしたいんだろう と
思っているかもしれませんが、お金は一切かかりません。

しかし、一週間で何万円とかよくインターネットにありますがそんな甘い世界では
ないです。騙されないでください


このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.19 Tue l 副収入のすすめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
なかなかいいですね~



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.19 Tue l 副収入のすすめ l コメント (0) トラックバック (0) l top