認知症のケア~コミュニケーション~


認知症患者は、

その症状によって友人関係が途絶えがちで社交のチャンスが無くなりがちです。

そのため、介護する人たちとのコミュニケーションが重要になってきます。

認知症患者とのコミュニケーション時には、
実際にケアをしていくなかで相手の話を十分に聴きながら精神的な支えにもなることが重要になってきます。

場面場面で、患者がその都度にどうしてほしいのか、何をしたいのかを理解し、認知症の人の感情や行動の意味などを考えながら、ケアをしていく必要があります。

例えば、名前を呼ぶときはどうでしょうか。

もしかしたら、患者さんにとってはもはや名前に反応してくれることはないかもしれません。

しかし、だからといって名前をつかわないのではなく、積極的にその人の名前を呼ぶことによって、気持ちが伝わって回復が見られるかもしれません。

その人がそれまでの人生でずっと大切に使ってきた名前を呼んであげることが、認知症患者とのコミュニケーションの第一歩です。

例えば、患者さんのほうから質問を受けることもあります。
そのようなときは、より親密なコミュニケーションをするときのチャンスです。
認知症患者は理解力が落ちている場合が多いので、ゆっくりとわかりやすく答えてあげることが重要です。
答えが理解できれば、そこからまた新しい会話が生まれ、認知症症状の改善や進行の阻止に役立つのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top
認知症のケア~対応のコツ~

認知症患者とのコミュニケーションは独特のコツが必要になってきます。

うまくいかない場合も多いのですが、それにめげずに出来るだけのことをしてあげましょう。

例えば、患者さんから無理な要求をされた場合は、どうすればいいのでしょうか。

大人としてはアレコレ理由を説明して否定してしまいがちですが、
そうなるとなかなか感情のコントロールがうまくいかない場合もあります。

したがって、なにか無理な要求をされても真っ向から否定せず、
ますは相手の立場になって同感してあげることが必要です。

「そうですね」「わかります」などと共感する気持ちを表現してあげれば、
しばらくすると大人しく言うことを聞いてくれる場合がほとんどですので、落ち着いて対応しましょう。

また、生活のときは可能な限り、一緒になにかをするようにします。

認知症患者と一緒にご飯をつくったり、掃除洗濯ができれば手間も省けて一石二鳥です。

無理をさせることはありませんが、放っておくとそれはまたそれで危険なので、必要なことを可能な限り一緒にやってしまえばよいのです。

このようなさまざまなコツを踏まえて、これからの長い看護生活をできるだけ、無理なく、楽しめるようにしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top
認知症のケア~気分転換~

認知症患者にも心のケアというものが必要です。

そもそも認知症になってしまうと、今までの生活とは一変してしまったり、
好きなことができなかったり、患者自身にもこれからの将来に対する不安がつきものです。
したがって、患者の心は不安定になりがちなので、
なにか一つのことに集中できるような気分転換をすることが重要になってきます。

そうはいっても、認知症患者にできることは意外と限られています。

特に高齢者にとっては外でスポーツしたり、山登りなど体力の使うことはなかなかできません。

したがって、ちょっとしたことでもよいので、患者さんの興味や関心に合せて、無理をしないでできることを探っていく必要があるといえます。

たとえば、畑仕事などは高齢者にも向いています。
また、順調に育って収穫できればやりがいに繋がりますし、
外に出て自然に触れあうことにもなるので万人向けだといえるでしょう。

身近なことで言えば、おやつの時間をもうけて毎日、さまざまなデザートを与えたりするのもよいでしょう。
とにかく、生活に飽きさせずに手を変え品を変え、明るい気持ちをもてるようにサポートしていくことが重要になってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top
認知症のケア~環境~

認知症のケアは、集団で臨みましょう。
認知症ケアは1人でできるものではありません。
無理をすると患者さんにとっても不幸な結果をまねくことがありますので、
必ず集団であたるようにしてください。

そして、まずは、介護者は自分自身の限界を知ることが大切です。
もし、介護が順調にすすんでいるときでも、急に気持ちが重くなったり、
将来を不安に思い抑うつ症状がでるようであれば、しばらく休養をとるようにしてください。

いつ何時でもリタイアする用意は必要です。
そのくらいに介護というのは骨の折れるものだという覚悟が必要不可欠なのです。

自分の限界というものを意識すると同時に、一緒に働くケアチームのメンバーの限界についてもできるだけ気を配りましょう。
急にメンバーが欠けることになったり、なにか事件があってからでは取り返しがつきません。
お互いに相手のことを気遣いながら、介護に臨むことが必要になってきます。

一旦、チームで介護に臨む体制が整ったら、あとは患者の生活環境にできるだけ配慮します。
認知症患者は、見当識障害、視空間認知障害などにより、ちょっとしたことで躓いて怪我をしたりしやすくなっています。
出っ張りを無くしたり、階段に手すりをつけたり(バリアフリー化)、環境に配慮してあげることで介護もしやすくなるので一石二鳥です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top
認知症のケア~感情~

認知症患者は認知能力・知的能力に問題が生じているものですが、
人間的な感情は最後までもっています。
しかし、そうした人間的な感情も刺激することがなければだんだんと衰えていってしまうのです。
したがって、ケアにあたるときには視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚など、
人間のもつあらゆる感覚を刺激することが大切です。

それも、毎日のケアのなかで、自然とそうした刺激が伝わることがベストだといえるでしょう。

たとえば、生活空間のなかに花を飾ることも一つの方法です。
視覚だけでなく、花であれば嗅覚の刺激にもなります。
また、身体を洗うときには全身を丁寧に洗いながらマッサージすれば触覚が刺激されることになります。
音楽鑑賞を薦めることで聴覚を刺激するのもよいでしょう。
こうした日々の積み重ねをするのとしないのでは、患者さんの精神状態に大きな差が生まれてきます。

家族の問題も重要です。

家庭のなかで問題をかかえていると、患者さんの精神状態に悪影響が及びます。
ただでさえ問題解決能力の弱っている患者さんですから、
家庭のなかで問題が生じることが多いのです。

家族の一員であればなおさら、第三者の立場ならできる限り、
家庭内のトラブルを患者さんの代わりに積極的に解消してあげるようにしましょう。

家族との円満なコミュニケーションがとれている場合は、それだけで精神状態がかなり落ち着く場合も見られます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top