知りたいリハビリ治療に関する福祉資格

トップページ > リハビリ治療に役立つ資格

知りたいリハビリ治療に関する福祉資格記事一覧

リハビリに関する福祉資格~理学療法士

理学療法士は、病気やけがによって身体が不自由になってしまった患者の基本的身体運動機能を回復させて社会生活に復帰できるように援助する専門職です。まず医師の指導・指示をもらい、医師を含めて看護師・介護福祉士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・医療相談員などでカンファレンスを行って、患者の現状の把握・予...≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~作業療法士

作業療法士は、理学療法士と同様、リハビリテーションを行う専門職です。理学療法士は、手足の動きや立ち・座り・歩きなどの患者の基本的身体運動機能を回復させるのに対して、作業療法士は、基本的身体運動機能がある程度 回復してきた状態で手芸や家事など、応用的な作業を行える訓練をすることで自立した生活を送れるよ...≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~言語聴覚士

言語聴覚士は、医師の指導の下で 言語・聴覚に関する障害を抱える患者の現状を、相談・面接などで把握し、検査や評価によって適切な訓練を行うことで日常生活のコミュニケーションをできるだけスムーズに取れるようサポートする仕事です。コミュニケーションを回復することで、人間性や自信を取り戻すことにつながるためと...≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~視能訓練士

視能訓練士は、眼科の医師の指示のもと視機能検査を行い、検査結果から適切な診断を下して訓練や治療を行う者です。視機能検査とは視力・屈折・眼圧・視野・角膜形状・超音波検査や電気生理検査、眼底・前眼部の写真撮影と解析 などを行います。訓練の内容としては斜視や弱視などの両眼視機能異常の視能矯正を行います。視...≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~義肢装具士

怪我や病気などで手足を損傷した場合に代替として人工の手足を使用します。義肢装具士とは、医師によって処方された義肢装具を使用する患者の体形に合わせて採寸し、実際使用する際にも体に適合しているか確認し、使用中も目的に応じて調整を行う専門職です。≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~職能判定員

身体障害者や知的障害者が能力に応じた仕事につけるよう職業能力を判定し、無理なく職業生活が送れるようサポートするのが職能判定員の仕事です。就職の相談に応じたり、リハビリや生活指導も行ったりもします。≫続きを読む 

リハビリに関する福祉資格~心理判定員

児童や身体障害者、知的障害者の自立のために心理学の面からサポートを行います。まずは、心理状態を把握するために心理検査を実施します。他には、その検査に基づいて医師と相談しながら「集団療法」と「個別療法」などを行います。集団療法は、同じような悩みや障害をもった人が、レクリエーションや歌などのクラブ活動を...≫続きを読む 

メニュー

介護職に役立つ資格リハビリ治療に役立つ資格児童と関わる仕事の資格障害者をサポートする資格暮らしに役立つ資格

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.01 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/109-e4333cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)