児童と関わる仕事に必要な福祉資格

トップページ > 児童と関わる仕事の資格

児童と関わる仕事に必要な福祉資格記事一覧

児童に関する福祉資格~保育士

0歳から小学校に入学するまでの乳幼児に対して、基本的な生活習慣を身につけさせ、集団生活の中で社会性を学ばせることで成長の手助けをしていくのが保育士です。女性の社会進出で、産後でも再就職が増えているうえに、近年の不況が拍車をかけ、保育園の待機児童が増えるなど、保育士は不足傾向で必要とされています。≫続きを読む 

児童に関する福祉資格~児童指導員

障害や家庭の事情により、児童福祉施設で生活を送る0~18歳の児童を保護者に変わって健やかに成長するよう生活指導、援助を行うのが「児童指導員」です。仕事内容は保育士に似ていますが、基本的生活習慣の指導やしつけ、個人に合わせた学習指導などはもとより、児童相談所などとの連携や親との面接や関わりなども大切な...≫続きを読む 

児童に関する福祉資格~児童自立支援専門員・児童生活支援員

すでに飲酒・喫煙などの非行経験がある、もしくは非行に走る可能性のある児童や家庭環境が適切でない18歳未満の児童は「児童自立支援施設」に入所することになります。施設で、児童たちと24時間住み込みで寝食を共にしながら、学習・職業指導を行い社会的な自立や復帰を親や家族の代わりとなって支援するのが「児童自立...≫続きを読む 

児童に関する福祉資格~母子指導員・少年指導員

さまざまな理由で社会的に自立できない母子や、経済的に困窮している母子に、国によって提供される生活の場所が”母子生活支援施設”です。こういった母子生活支援施設にいる母親が自立できるよう就職の支援を行ったり、日々の生活や育児の相談に乗ったり、法的な手続きや調整を行ったりするのが「母子指導員」となります。...≫続きを読む 

児童に関する福祉資格~児童福祉司・相談員

児童福祉司・相談員は、児童相談所に勤務しています。児童相談所とは、行政機関で、子供の発達や障害に関する相談、性格や行動、不登校や非行に関する相談、子育てに関する悩み、子供の虐待に関する相談などを受け付けています。相談を受ける際は、相談者に来所してもらうか、もしくは家庭訪問をしたりします。障害児や不登...≫続きを読む 




児童に関する福祉資格~家庭相談員・母子相談員

ひきこもり、登校拒否、家庭内暴力、虐待、母子家庭など、家庭では解決できない複雑な問題を抱えている場合が多くなっています。地方自治体では、”家庭児童相談室”というものを設けておりこれらの問題の相談に乗っています。≫続きを読む 

メニュー

介護職に役立つ資格リハビリ治療に役立つ資格児童と関わる仕事の資格障害者をサポートする資格暮らしに役立つ資格
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.01 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/111-c0f37845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)