FC(フランチャイズ)の介護事業所には絶対に関わるな。

近頃FC形式で介護事業を始めてみませんか? 

という企業が増えてきた。

企業名はここでは書かないが、私は内情や実態についてここしばらく調べてみた。

酷いものだ……。

元々福祉事業ほどフランチャイズと縁がないものはないであろう。

それだけ高いクオリティーや高い理念が求められるし、素人が安易に手を出せる分野ではないはずなのである。

介護の素人が、いきなりお金を払っただけで高齢者の命を預かって介護を始めるという考え方が怖い。

そんな人間が始めるのだから、当然目的は[カネ]である。

研修も管理研修のみであり、
福祉のふも知らないで、開業する。

パンフレットを見ても、これからは福祉の時代で、利益率が幾らで
収益が幾らで。。
の触れ込みだけである。

介護士はただの商品しかない。
利用者さんはただのお金を持ってくるお客様なんです。

フランチャイズで介護事業を始めた建設会社を知っているが、介護のクオリティーも低い。

指導者もいないし、理念もない。社長はただ人任せでやらせているだけ。

スタッフが個人でいくら頑張っても限界があるし、元々介護レベルの高い意識の高い介護員ならばそんな所に就職しないか、してもすぐに辞めるだろう。

とにかくレベルが低くて、カネカネカネなのである。

「フランチャイで介護を始めてみませんか?」と言っている企業も頭がおかしいのではないか??

確かに内情を見れば、コンサルタント料が一度にガバッと入り、更に月々の顧問料がもらえてウハウハである。

備品も売れるだろうし、社員(介護員)研修もうちでやりますよ。

と言えば、さらにカネになる。自分が介護事業をやるプラス、フランチャイズは[カネになる]。

投資も手持ち資金も少なくて始められる[商売]である。

しかし介護というものの本質を少しでも知っている人間ならば、素人には任せない。 

介護員の意識や質を向上させるのに、モチベーションを維持させていくのに、どれだけの労力と配慮が管理者、経営者に求められるかも分かるはずである。 

 分からないならば、馬鹿でしょう。

結局、カネになるのと、質が低くても成り立つと甘く見ているのがビンビン伝わってくる。人の命と人生を預かる仕事にも関わらずだ。

たとえば5年、10年と一緒に仕事をしていた部下が、「独立して私も私なりの理念で介護事業を起こしたい」というのであれば、長く一緒に働いているわけだし気心も知れている。

介護レベルも分かるし、アドバイスや応援の仕方も様々あるだろう。

または、事務処理や経理関係で委託を受けて、事務仕事を請け負うのならばまだ分かる。

しかしフランチャイズ介護は、「初めまして」「それでは一緒に介護事業をやりましょうか」のレベルでの人間づきあいである。

大体、そのレベルで人間づきあいする経営者の情の捉え方、人との付き合い方もそれで分かってくる気がする。

[薄い][薄っぺらい]繰り返すが、フランチャイズでレベルの高い介護事業は成り立たない。

フランチャイズを勧める企業は[薄い]フランチャイズで始める企業は[安易]フランチャイズ事業所で働く介護員は[未熟]あなたは手を出すべきではない。

関わるべきではない。

そしてあなたの家族はそんな事業所に任せるべきではない。

訪問介護でもデイサービスでもグループホームでも、とにかく形態がどうであれだ。

もっとより良い事業所は周りにあるはずである。

介護事業所、企業のバックはきちんと調べておいた方が良い。

高齢化社会の中、まだまだ淘汰が進んでいないこの分野は魑魅魍魎跋扈の状態である。

質が悪くても成り立っている、虐待が表沙汰になっていないところが沢山ある。

レベルも千差万別である。しかし、あなたの目と知識と判断力、良心を頼りに、家族が、自分が、犠牲にならないように気をつけてほしい。そう願うばかりである。

介護士にも言える。
今はネット社会であるから情報はいくらでも手に入る。
面接を行く前によく調べてからのほうがいい。

入ってから、こんな筈ではなかったとならないようにしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.01 Sun l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/126-590e47d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)