介護事務の資格

介護事務の資格には民間の団体が認定する「ケアクラーク」や「介護事務管理士」等がありますが、資格の名称が変わっても基本スキルに大きな違いはありません

ほとんど事務だけの仕事は無く、持っていても、持ってなくても支障がありません。

しかし、就職には有利です。
持っていてもいい資格です。


私が考えているのは、各施設の事務処理です。

それ専用に雇う余裕がないのは事実です。

事務しながら現場を出るのが普通になっています。

ふと、考えてると

事務処理専用で会社設立してはどうでしょうか?

経理士や会計士がなるのなら介護事務専用に受け持つのも、開業の一つのアイデアかもしれません。

意外と儲かるかも知れません。

では、福祉事務とは

■ ケアクラーク・・・・・

(財)日本医療教育財団が認定する「ケアクラーク技能認定試験」に合格した方に与えられる資格です。

試験は年6回(偶数月)開催されています。

■ 介護事務管理士・・・・・

㈱技能認定振興協会が行う「介護事務管理士技能認定試験」に合格した方に与えられる資格です。

試験は年6回(奇数月の第4土曜日)開催されています。


■ 介護事務実務士・・・・・

NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が実施する「介護情報実務能力認定試験」の合格者に与えられる称号です。

■ 介護保険事務士・・・・・

一般財団法人 つしま医療福祉研究財団が認定しており、介護給付費請求事務および給付管理事務のエキスパートとして認められる資格です。

■ 介護保険事務管理士・・・・・

(財)日本病院管理教育協会が認定する資格で、特別養護老人ホームや療養病床を持つ介護保険施設で介護報酬請求事務を行う知識や能力を証明します。

■ 介事管理専門秘書検定資格・・・・・

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)指定の認定教育機関等のカリキュラムを修了した方を対象にした資格です。


色々あるが、調べて見てください。

ビジネスモデルのチャンスがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.03 Tue l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/145-36f12f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)