介護詐欺(有料老人ホーム)

まず、老人ホームの平均費用は

ピンからきりまであります。
高級老人ホームは3000
万となってました。Σ( ̄□ ̄;)

普通に生活が出来て、特に部屋の作りや立地条件にこだわりが無いというのであれば、入所一時金は三百万円~となっていて、月々に必要な費用が15万円程度が相場

少し広い部屋が良くて、食事の配膳もお願いしたいという場合には一時金の他に月々20万円~が相場。 

のんびりと好きなホームでサービスも沢山受けながら生活をしていきたいという場合には一時金も7百万~一千万円以上になり、月々も30万円以上という相場。 

どんな場所でどんな生活がしたいのかによって、相場は大きく変ってくる。 


行政のホームの場合には相場はホームの金額と食事代などを含めても七万円程度になっていますから、凄くリーズナブルですが、

その分入所するのが困難となっており、実際には有料老人ホームに入所する人が増えているので、こうした相場はこれからもっと高くなるのかも知れませんね。 

有料老人ホームは、2000万円以上の金を取って終身介護を約束するが、実際は5年で追い出所が多いようです。

大金を得て、ボロ儲け。これは詐欺です。

有料老人ホームは、2000万円以上の金を取って終身介護を約束する。例はいくらでも見つかる。  → 「老人ホーム 終身」 - Google 検索 具体的な例は、これだ。  → 神奈川の例 ところが、

終身を約束しても、実際には5年で追い出すことが多いそうだ。 

入居の際に家賃を一括して預かる「一時金」を、施設側は入居から一般的には5年間、毎年分割して取り崩し(償却)、「家賃収入」として懐に入れる。

6年目からはそれがなくなるので、償却期間を過ぎても入居が続く老人からは、介護費などしか徴収できない。

「長生きすればするほど施設側は収益が出にくくなる。

なるべく『償却切れ老人』を減らし、家賃収入が計算できる新しい入居者に入れ替えて収益力を上げ、早めに売ろうとする」 いくつかの介護施設で働いてきたある

施設長は「風評がたつと致命的だからおおっぴらにはやらないが、けがや病気をきっかけに、『償却切れ老人』を、『医療が必要になったのでうちではもうお世話できる力がない』などと体よく追い出す施設が増えている」という。

たとえば 2000万円を徴収して、「終身介護」を約束する。

最初の5年間は2000万円を取り崩せるので、せっせと取り崩して、ホームの懐に入れる。5年たったら、2000万円がなくなってしまう。

しかし「終身介護」という契約だけは残る。

これでは儲からない。

そこで「医療が必要になったのでうちではもうお世話できる力がない」などと言って、体よく追い出す。 

その後は、また「終身介護」を謳って、新たなカモを招く。そしてそのカモも、5年後には体よく追い出す。

こうして5年ごとに 2000万円を懐に入れる。

「終身介護」を約束して、5年間しか介護しないのだから、儲かって当然だ。 

あまりにも儲かるので、参入者が続々出ているという。老人ホームが市場に出れば、「買いたい」という企業がわんさと殺到する。外資も参入している。


以上をまとめて言えば、

「老人ホームの事業は、参入者が殺到している。その理由は、ボロ儲けできるから。なぜボロ儲けできるかというと、

次の二点。 

・ 終身介護を約束するが、5年で追い出す。 

・ ていねいな介護を約束すが、手抜き。 

そして、こういうゴマ化しが発覚しないように、帳簿の改ざんまでしている」 

一言でいえば、「詐欺」である。これが有料老人ホームという事業の実態だ。


以上。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.04 Wed l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/151-ec7374c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)