以前、 「介護職 無資格から実務者研修取得中」を書きましたが、かなりメリットがあるようです。
特に介護報酬が減額されないことが施設から見るとおいしく資格です。

介護福祉士の下に位置します。
ですから、基礎実務者研修より上の位置です。

これを踏まえて

「介護職 無資格から実務者研修取得中」も同様に見てください。


■実務者研修を受けるメリット

実務者研修が受験資格として必須になる平成27年度以前の試験においては、実務者研修を修了すると介護福祉士国家試験の実施試験が免除されます。

実務者研修は修了までに6ヶ月かかりますので、早めのスタートが重要です。

介護福祉士を目指すな方なら、今すぐ始めることをおすすめします。

※ただし、毎年6月までにお申込み頂き、12月までに修了していることが条件となります。

訪問介護事業所で必ず配置される「サービス提供責任者」になるためには、

実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。

平成25年4月より「ホームヘルパー2級を修了し3年以上の実務経験を得ることでサービス提供責任者と認められた方」は、

訪問介護事業所に配置しても介護報酬(介護事務所の売上)から10%も減額されてしまうため、

実務者研修の修了者は現場からも求められています。

■受講生の声

勤め先ではサービス提供者責任者がいなかったため、このままだと減算の対象となってしまう状況でした。

減算となった場合のリスクを考えれ、実務者研修を受講してサービス提供者になった方が良いと自然に答えがでましたね。

会社も必要な研修であると協力的なので、受講料の支援を受け働きながらスクーリングに通わせてもらっています。

原則として医師や看護師以外には認められていなかったたん吸引や経管栄養の基礎知識を学ぶことができます。

■施設担当者からの声

現場で求められているのは、介護福祉士を目指す人材実務者研修の修了者には意欲を感じます。

 実務者研修を修了している方は、

サービス提供責任者になれますし、実地研修を受けるとたん吸引・経管栄養ができるようになるので、ぜひ現場では欲しい人材。

何より将来介護福祉士を目指して、働いていこうという意欲を感じます。

また実務者研修を受けることで、客観的な視点からサービスを見直すことができるので、施設としても期待をもって雇用することができます。
↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.05 Thu l スキルアップ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/159-7870e103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)