今のところ離婚してから親の所に居候している
娘は大学生で新潟にアパートで一人暮らしでアルバイトをしながらのんびりくらしているようだ
会うのは年に二回位で夜行バスできてご飯を食べて帰ると繰り返し

新潟は雪がもう降り始めている いつもくると少しのおこづかいをあげるのが習慣になり
娘もそれを期待して上京する(笑)

会っても特に会話がない 何を話していいのかわからない

今年は成人式の様だが母親がもうすでに前成人式をやって
写真を送ってきた 10枚程度の写真集

傘を持ってボーズしている写真

本格的な写真で今はCDが付いていてパソコンでも見れるようだ

多分、着物とセットで10万円位はしたと思う

私としたらもったいない

そのぶんお金であげて海外旅行でも行ったほうがいいのでないかと思う

そこら辺は男と女の違いである

現在、実家に居候しているが養育費や家に入れるお金や税金等で
かなりの金額になる
介護職はパートでコンビニの時給と変わらない
コンピュータ業界で働いていた時は年間1000万位の稼ぎがあり妻も働いていたから贅沢は出来ないがそれなりの暮らしが確保されていた。残業が多く月に70時間~は当たり前の業界である
激務から鬱病になり会社を辞めた

同僚がスマートフォンのソフトは開発会社を立ち上げそこに入社するが失敗に終わりやもなく退社し
個人委託によるソフト開発を行った。
仕事内容はホームページの改良や新規開発を中心に行い
今の介護職になった
他に雇ってくれないからである
短期派遣でのソフト開発は沢山あったが....

それと母親が認知症の症状がで始めた事もきっかけになる

はっきり言って16万程度では暮らしていけない。
ネットによるビジネスプランの収入が生活を支えているからなんとか暮らしを維持している

そのビジネスプランとは…

はっきり言って皆と同じ事をやってはダメ

スキマ業界を狙うのが鍵です
発想は全て逆な考えてをする事

例えばホームページを作るのに
人気な商品ベスト100として作成しても誰もこない。
みんながやっている事
逆の発想で全く売れないレアなベスト100として作成したらどうでしょう。
興味をもってくれると思いませんか?(笑)

これが発想の転換である

接着剤の開発をしようとする
普通考えるのは何処よりも安く
瞬時にくっつく強力な接着剤の開発をと考える
それでは大手に勝てないのである
少ししかくっつく接着剤ではどうでしょうか?
それを発明したのが付箋紙である
ポストイットと言うのかな~

こういう考えが常に日常で考えていればビジネスチャンスが生まれると思いませんか?
資金がないから会社は作れませんがネットワークの世界だったらほとんど資金を使わずに可能だと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.21 Thu l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/16-847a1130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)