介護保険のメリットとデメリット

長寿大国と言われる日本だけあって90歳、100歳の方をよく見かけます。

90歳、100歳を過ぎても元気に畑仕事をしたりゲートボールを楽しんだり健康な体のままで長生きするというのは、理想ですよね。

しかし、年をとれば、病気になったり転んで骨折して、そのまま寝たきりになってしまったりなどいろいろなケガや病気が予想されその場合、介護が必要になることも考えられます。

公的な介護保険はありますがそのサービスは、要介護認定を受けその認定度ごとに受けられる介護サービスの限度額が設定されています。

その範囲内ならば、自己負担は1割で済みますがその限度を超えて利用する場合は、全額自己負担となります。


多くの人が、設定された限度額では足りずに困っているのが現状です。

そのため、介護保険に加入しておけば金銭面でサポートしてもらえますのでもしもの場合でも心強いです。

ただし、介護を全て保険で準備しようとするとかなりの保険料負担になってしまいます。

もしも介護状態にならなかった場合返戻金も少ない(全くないものもあります)ので公的保険でカバーできない部分に保険を取り入れていくようにすると良いです。

■介護保険のメリット

・所定の要介護状態になった場合、介護一時金が支払われる。

・介護年金を受け取ることができる。

・老後への安心感を持てる。

・公的には賄えなかった、必要な介護サービスを利用できる。

■介護保険のデメリット

・所定の要介護状態の要件を満たさないと、保障を受けられない。
3以上

・受給の要件が公的なものよりも厳しい場合がある。


生命保険を勧められるままに決めてはいけません!

参照項目

生命保険会社の口コミ

アイエヌジー生命保険株式会社 評判 口コミ

アクサ生命保険株式会社 評判 口コミ

朝日生命保険相互会社 評判 口コミ

aflac(アメリカンファミリー生命保険) 評判 口コミ

AIGエジソン生命保険会社 評判 口コミ

オリックス生命保険株式会社 評判 口コミ

ジブラルタ生命保険株式会社 評判 口コミ住友生命保険 評判

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.05 Thu l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/160-1601dac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)