半沢直樹の名セリフを介護現場で使うと。


流行語大賞がきまりましたね。

「倍返しだ~」 これを介護現場で使うのは、「今でしょう~」 (*゚▽゚*)

100倍返だ~

「ネジ?あそぉ~」

「父は25年前に他界しました」

「あそうか~君も大変な苦労をしてきたんだねぇ~」



「水分摂取量が足りない?あそぅ~」

「こちらの方、半年前にも脱水症状で急変されてます」

「あそうか~君も大変な苦労をしてきたんだねぇ~」

だから施設長、どうすりゃいいんすか?

◆「事業計画書?そんな物書かなくても問題無い。モーツアルトは曲を催促された時こう言うんだよ“心配するな曲はここ(頭)にある”」




「申し送り記録で、残業? そんなもの書いてなくても問題ないよ。モーツァルトは以下略」


「やってやれないことはない」




10分間でオムツ交換、更衣介助、全身清拭、シーツ交換を終えたあとの一言。



◆「損失が出るのをわかっていたのに報告しなかったのはまずいんじゃないの?古里くん!」






「このままじゃ事故が起きるってわかってたのに、相談も連絡もしないのはまずいんじゃないの?」

これ後輩に言ったことあるな。

◆「日本経済が生き残るため多少の犠牲はやむを得ない。 私は現実的な話しをしてますからね 」




「日本の介護福祉を守るためには多少の不正はやむをえな以下略」

でも現実と理想って違うしね。


◆「土下座?そんな物は情に訴えるだけのパフォーマンスでなんの意味も無い。そうする奴らはどいつもこいつも無能な奴ばっかりだったよ 」




「腰痛?そんなものは情に訴えるだけの職業病で、休みの理由にはならない。そういって休暇申請する奴らはどいつもこいつも戻ってこなかったよ」

いや、休ませたれや。

◆「あなたにはわからないんでしょうね。土下座をする人間の必死さも悔しさも・・・!」




「あなたにはわからないんでしょうね。ぎっくり腰で動けなくなったときの痛みや絶望感も……!」

確かに絶望的な痛みが腰にくる。

腰は大事にしましょうね。

◆「1520億とんで860万円よっ!」




「109兆とんで5000億円よ!」

飛んでないし。

つかそれで厚労省が実破に分類されようもんなら((((;゚Д゚)))))))



この数字は2012年度の社会保障給付費です。

伊勢島の再建とはケタがちがうな。


◆「金融庁検査が終わったあとは容赦しねーぞ。覚悟しておけ。」





「この年末年始繁忙期が終わったら容赦無く有給とるぞ。覚悟しておけ」

スケールが違うっての。

◆「銀行員の妻なめんなよ!」




「介護士なめんなよ!」

って言いたよねぇ……



◆「相手の顔色を伺うのはもうやめたんだ。本気でぶつかるってのはそういうことだろ?」




「利用者の顔色伺うのやめたんだ。本気で介護するってのはそういうことだろ」

違う違う、逆だから。

近藤さん間違えないで。


リハビリを拒む利用者に対し

「あなたが再び歩行できる可能性があるなら、私は鬼にでも悪魔にでもなる」

……多分それ逆効果だな。

◆「わかりました。だったら……土下座でもしてみるか」





「わかりました、じゃあーーラキソ10滴いってみるか」

軽い排泄コントロールだなオイ
「もう少しだけ時間をください。お願い致します」




食事介助の制限時間が迫ってきました。

まだ半分もいってない、となるとさすがにあせります。

まあ仕事の手が急ぐってことはめったにはないのすが。

それでも願う

「もう少しだけ時間を……」

土下座してる暇はないけどね!

◆「何が何でも、今日中に見つけなさい!!いいわね?!」





「何が何でも便漏れ更衣は防ぎなさい!いいわね?!」

こんな顔で潰しかけられたら、オムツ斜めがけでもパット横敷きでもラバー巻きでも何でもやる。

◆「確かに、ノーに比べたらイエスと言う方が何倍も簡単だ。でもな、俺たちサラリーマンがイエスとしか言わなくなったら、仕事はただの作業になっちまう。作業だけならロボットでもできる。でも俺たちはロボットになっちゃダメなんだよ。」




ヘルパーはただのイエスマンになってしまっては終りなのです。

QOLを考えなければならないのです。

介護は作業ではないのです。

近藤さんいいこというよね。

◆「私は頭取として、最後まで見届ける義務がありますので」





「私はサービス提供責任者として最後まで見届ける義務がありますので」

ってサ責がいたら超カッコいい


◆「半沢です。近藤。いつもの場所で待ってる。何時まででも待ってるからな。」




職員が足りない。

休日返上の頼みの電話。

「いつもの場所で待ってます…」

こんな切なく言われたら来るだろうよ。

◆「とにかく、何とか乗り切れ!!」





人がいない!

マジで人がいない!

そんなときに使ってみましょう。

「とにかくなんとかのり切れ!」

別名、ヤケクソ。

◆「銀行員にとって最も必要な物はなんだと思う?人を見る力だよ。金勘定は二の次だ。」





「ケアワーカーとして最も必要なのはコミュニケーション力だよ。技術は二の次だ」

ってド新人の頃先輩に教わった。


◆「やれーー!!!おおわだぁーーーー!!!!」









服薬なりを拒否る利用者に対して、気迫をこめて涙目で

「のめぇーーー!!!」

徘徊し続ける利用者に対して

「部屋に戻れぇーー!!!」


依存心が強くわがままの多い利用者に対して

「いい加減にしろぉーー!!!」

使い道は多そうですが、使うと逆効果なのは間違いない。



●まとめ。

現実として、半沢直樹の名言は介護現場ではあまり使えない

ってとがよーーっくわかりました。




おわり


↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m




このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.06 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/164-f686848d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)