【介護福祉士になる方法は?】

介護福祉士として働くためには、「介護福祉士資格」を取得しなければなりません。

では、そのためにはどうしたらいいか。

方法は2種類あります。

まずひとつは、養成施設、すなわち福祉系の大学、短期大学、専門学校等を卒業する方法です。

入学資格は各学校によって異なりますが、これらを卒業することで確実に介護福祉士資格を取得することができます。

もうひとつは、介護福祉士国家試験を受験して合格する方法です。

この試験は、介護等の業務に3年以上従事する、もしくは高等学校の福祉科福祉コースを卒業することで受験資格が得られます。

合格率は50%程度ともいわれていますが、決して難易度の高い試験ではないです。

お金や時間に余裕があるならば、養成施設で確実に資格取得を目指したほうが良いですが、国家試験の受験によっても十分に資格取得は可能であるといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.06 Fri l スキルアップ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/168-75b6a618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)