介護福祉士と他の介護資格との違いは?

介護の資格は色々

介護の資格は色々とあり、中には介護福祉士とホームヘルパーのように、同じような仕事をしているのに呼び方が違ったりします。

介護福祉士と社会福祉士のように名前が少し違うだけなんてのがあったりしてすこし紛らわしいです。

そこで、介護福祉士と他の介護資格は何が違うのか検証したいと思います。

介護福祉士と社会福祉士

介護福祉士は、

身体上や精神上の障害をもっていて、日常生活を円滑に進めるのに支障がある人に対して様々な介護、または介護に関して指導をする直接的な仕事なのに対して、社会福祉士は身体上や精神上の障害もっている方の介護や環境などによって日常生活を営むのに支障がある人の介護をするという点では一緒なのですが、

違う点は、同じ介護でも介護福祉士のように直接介護するのではなく、相談、助言、指導その他の援助といった、どちらかというと間接的な仕事を行うと言う点が違うと言えます。

社会福祉士は、

介護施設などの相談員として働いている方が大勢いると思いますが、

やはり、現在の環境を見てみると介護福祉士の方が需要が多いように感じます。

給料や待遇面に関しても、あまり差が開いている所はなく、事務員と同じ程度の給料のところもあるようです。

社会福祉士は入所する時の手続きや面談などで家族と話すことが多くなるので家族との付き合いになりやすく、介護福祉士はほとんどが介護者本人とのお付き合いになるという違いがあります。

社会福祉士が介護関連受給の手続きをするところもあるようです。

それぞれ別の呼び方があり、社会福祉士はソーシャルワーカー、介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれます。

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.06 Fri l スキルアップ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/170-df19df37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)