「忙しい・・・」、 「疲れた~」は絶対に言わない。ように

私はなるべく「泣き言」を言わないよう心がけています。 

「もうやだ」「なんで自分だけ」「あ~、死にそう」「辞めたいなー」などなど・・・。 

でも、「泣き言」まではいかないまでも、ついつい軽い気持ちで言っちゃうのが

「あ~、忙しい!」「ホント疲れたー」などではないですか? 

別に同情を買うつもりで言っている訳ではないのに、ついつい出てしまう。(口癖になっている人も多いのではないのかな?) 

きつい状況を共有している者同士が、意思疎通の意味で挨拶代わりに使っている場面もあるでしょうけど、

やはり私はこの手の「ネガティブ」な言葉は使ってほしくは無いし、このように話しかけられたときは、 

「うん、まあね・・・」

などと言って完全には同意しないようにしています。 

思うに、

我々が働いている施設は利用者様は、精神状態が不安定で繊細な方が多く、ワーカーが暗い表情で (たとえ明るくても) 

このような言葉を耳にしたら、 「私がいつも迷惑をかけているから疲れたの?」 なんて思い込んじゃうかもしれません。 

それに、言葉には魔力があります。 

と言うより、暗示に掛かってしまいます。

口に出した方も、自分の言葉に惑わされ、なんだか本当にすごく疲れた気分になります。

言われた方もたぶん同じ、「そうか、この状況は疲れて当然の場面だったんだ。 

そういえば何だか身体が重いような、だるいような・・・。」。 

だから私は、仕事終盤の本当にきつい場面になると、

「さあー、これが終わったら旨いビールが待ってるぞー!」 などと、不良中年全開モードで動き回るようにしています。

 「空元気(からげんき)も元気の内」 
という言葉を自分のモットーにしておりますので。 

もしも、「忙しい」「疲れたー」が口癖になっているとしたら、口に出す前に一呼吸置きましょう。 

そして、本当につらいときには、「よ~し、頑張るぞー!!」 と声に出してみてください。

自分でも驚くほど「ポジティブ」に動くことができるはずです。 

明るく生きてナンボの人生。

無理にでも楽しくしていれば、本当に楽しくなりますよ、きっと。(だけど、無意識のうちに溜め息をついているらしいのです、私・・・。) 

科学的には溜め息とあくびはいいらしいですが。。。

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.07 Sat l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/178-70b63ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)