◆仕事の疲れを抜く3つの方法 簡単に出来るリフレッシュ術

 仕事に役立つ 健康日本人のほとんどが仕事に疲れを感じているようです。

「栄養ドリンクを飲んだりしてるが疲れが抜けない」「年のせいなのかな~?」と感じている人も多いはず。

仕事の疲れを溜めない。次の日に残さないリフレッシュ方法をご紹介します。

肝心なのは疲れが溜まりにくい体を作る事

肉体疲労というのは、休めば抜けるという物ではありません。

もちろん時間が経てば疲労は抜けていくのですが軽い運動(ウォーキングやランニング)をしたり、入念なストレッチをする事で疲れが溜まりにくい・抜けやすい体を作る事ができます。

ランニングは心肺機能を高め疲れを感じにくい体を作れますし、30分~1時間のストレッチとウォーキングは血液の流れを良くして疲労物質を早めに体から取り除く事ができます。

何も毎日運動する必要は無いんです。ストレッチは、お風呂上りに毎日やった方がいいですが、ウォーキングなどは週三回くらいで十分です。

ただし多少息が切れるくらいの早歩きで行ってください。

ランとウォーキングを混ぜながら交互にやるのも効果的です。

とにかく日頃から体を動かす癖をつけておかないと、疲れが溜まりやすい・抜けにくい体になってしまいます。

毎日のストレッチと週3の軽い運動なら忙しい人でも出来そうでしょ?

規則正しい食生活を心がける

まずは、不規則な生活をしていると絶対にダメです。

出来るだけ同じ時間に寝て、同じ時間に起きてください。

それを習慣付ける事で質の高い睡眠を取る事ができます。

睡眠の質が悪いと何をしても疲れは抜けません。

バランスよく食べて足りない部分はサプリメントで補うのが良いでしょう。サプリメントはクエン酸やネイチャーメイドのマルチビタミン&ミネラルがオススメです。

■一番疲れているのは脳と目

疲労を感じるのは脳も疲れているから。

脳が疲れていると休ませようと体に疲労感がでます。

食生活と運動で脳の疲れも抜けますが、さらに脳と目の疲労をピンポイントに抜く方法があります。

まず、脳の疲れを抜くには目を閉じる事。

テレビも消して情報をシャットダウンするんです。

いわば瞑想の状態を作り出すのが脳疲労には効果的です。

そして目の疲労には、おなじみ蒸しタオルですね。濡らしたタオルをレンジで40秒くらい暖めます。

この蒸しタオルと瞑想って同時に出来るので、5分間くらい蒸しタオルを目に乗せて目を瞑り瞑想してください。驚くほどスッキリしますよ^^

試してください。

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.07 Sat l 疲れを取る方法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/184-7f37cffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)