疲れが取れない時は ~疲れを取る入浴法①温度と時間~

疲れが取れない時、入浴によって回復をさせようと試みる人も多いでしょう。

 疲れが取れない場合は運動や食事など、あらゆる面から対策を施す必要があります。

疲れが取れない状態から脱出するためには入浴方法一つとっても十分な注意が必要です。 

疲れを取る入浴方法は疲労の種類によって変わってきます。 

これはどのような疲れかによって方法も変わって来ます。 

肉体的な疲れを取る入浴方法は少し熱めの湯温(約43℃)で半身浴を10分程度行います。 

これによって筋肉や血液中の疲労物質や老廃物を減少させることができます。 

また発汗を伴いますので爽快感があり、精神的にもすっきりとします。 注意点はのぼせです。

湯温が熱めなので長く入りすぎると疲れてしまいます。 

特に心臓が弱い方は必ず半身浴を厳守してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 疲れを取る方法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/201-49f67b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)