疲れが取れない時は ~疲れを取る睡眠法①就寝前の禁止事項~

脳を興奮させて交感神経を高ぶらせるものにパソコンやテレビがあります。

 寝る前はテレビ鑑賞やパソコン、ゲームなどをしないようにしましょう。 

疲れが取れないとき、就寝前はお風呂に入るのがよいでしょう。 

また部屋の明かりを少し暗めにするとリラックスできます。 

副交感神経が働いている状態が良質な眠りのために重要です。 

副交感神経は働いている状態は体の疲労や不具合を修復する状態なのです。 

この状態で睡眠に入ると修復作業が効率よく行われます。 

入浴後30分程度経ったころ睡眠に入るのが理想的です。 

パソコン・テレビ・ゲームなどは交感神経が働いている状態(ストレス・興奮状態)にします。 

この状態では眠りにつきにくくなり、眠った後も睡眠の質は低いままで疲れが取れない睡眠となります。 

パソコン・ゲーム・テレビは、就寝の1時間以上前に終わらせましょう。 

また蛍光灯の明かりも交感神経を働かせてしまいます。

 就寝前は白熱灯などを暗めに灯して静かに過ごすこと。 

疲れが取れないとき、睡眠の質を高めて疲労回復を促すことはとても大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 疲れを取る方法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/206-7c054d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)