疲れが取れない時は ~疲れを取る睡眠法②眠りが浅い原因~


疲れが取れない原因の一つは眠りが浅いことです。 

寝つきが悪い、寝た後も眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めてしまう。 

意外に思われるかもしれませんが、原因の一つに枕の高さがあります。 

疲れが取れないときの浅い眠りに深く関係しているのが寝返りです。 

枕の高さと寝返りには密接な関係があります。 

結論から言えば、深い眠りのためには低めの枕が良いです。 

なぜなら低い枕で寝ていると寝返りが容易に出来るからです。 

眠りが浅く、疲れが取れない原因の1つは、合わない枕の高さが首や呼吸の障害になっていることです。 

理想的な枕の高さは寝返りをするときに、頭の高さを変えずに寝返りできる高さです。 

寝返りのしやすい枕、高さは意外と低いのです。 

市販のものは高さがあるものが多いです。

簡単な方法として、バスタオルを数回折り曲げて高さを微調整する方法があります。

枕を新調することなく、快眠を得られますのでおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 疲れを取る方法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/207-b1c76be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)