認知症 介護
認知症の公的制度を理解しよう。


認知症患者を在宅で介護するのは、精神的にも肉体的にも大変なことですが、介護をする上で大切なことは、
まず、認知症について理解すること、そして介護する上で必要な知識です。

それから、認知症患者をケアする上で使える公的制度を知ることです。

国や地方自治体で行っている認知症患者や家族に対する支援には、どのようなものがあるのか?

どういった手続きを行えば、支援を受けることができるのかを把握しておくことはとても大切なことです。

自分で、ネットなどで情報収集するのも良いでしょうが、市町村役場などでも教えてもらうことができます。

実際、介護保険サービスを利用するとなった場合、市町村に申請することになっているので、
市町村窓口で相談すれば申請の仕方を教えてもらうことも出来ますし、必要な書類を揃えることも出来るので、
一度相談に行ってみると良いのではないでしょうか?

2000年4月に導入された介護保険制度!
護保険サービを利用した場合、利用者の負担は原則1割り、残りの9割は介護保険からの給付となります。

40歳以上の方は、みんな保険料を払っているわけですし、使わない手はないはず!
的サービスを活用し、介護者の負担を減らしていくことも、認知症患者の在宅介護には必要なことですよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症の介護 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/225-6673e004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)