認知症の介護に疲れたら、、
認知症患者を看護していると、

精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまう、という話をよく耳にします。

現に、高齢の親が認知症になり一人で何年もの間、献身的に介護してきたけれど一向に良くならない親を楽にしてあげたい、
自分も介護から解放されたい、
と介護疲れにより魔が差したかのように親を殺して、介護者自身も後を追う・・・
という事件が年に何件も起こっていますよね。

こういった介護疲れによる、事件は一人で認知症の方を介護している人に多い傾向があります。

介護の悩みは、直接介護している人でなければ測り知ることは難しいと言われていますが、
ひとりで悩まずに、家族に相談したり、話を聞いてもらうようにしましょう。

中には、認知症患者さん以外に同居の家族はいないし、
頼りになる兄弟や親戚も(近くに)いない・・・
相談相手は誰もいない・・・
なんて人も、もしかしたらいるかもしれませんが、
そういった方は、行政の窓口を大いに活用しましょう。

もちろん、病院の先生やカウンセラーに相談するのもいいでしょう。
とにかく、ひとりで背負い込まないことです。

今は、国や地方自治体が様々な形で支援を行ってくれています。
そういった制度も上手に活用していくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症の介護 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/227-cb98f3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)