認知症 ケア
認知症の介護について

認知症になると、だんだんと生活に支障がでてくるため、
症状が進行するにつれて周りの人による介護ケアが必要になってきます。

この介護ケアは、非常に辛く厳しいものです。
一人で抱え込んでしまうとうまくいかないので、
少しでも多くの人が支え合って役割を分担して行くことが重要です。
長い期間必要になってくるものなので、一人一人に大きな負担がかからないように工夫していきましょう。

ただし、介護をしていくうえでは中心となる人物を決めるほうが望ましいといえます。

中心となる人物=キーパーソンには、医師や介護支援専門員(ケアマネージャー)などと協力して介護に取り組んで貰います。
医療関係者の窓口となり、また、家族や親戚の意見をとりまとめ、コミュニケーションを図ることに非常に役立ちます。

従来、キーパーソンはこれまで近しい家族の女性が努める例が多かったようです。
しかし、男女参画社会となり、夫や息子など男性が努めることも増えてきました。
いずれにせよ、本来は介護しようとする認知症の人にもっとも身近で、
本人から信頼されている人物が責任を担うのがベストといえるでしょう。

また、介護にはお金も必要になってきます。
介護保険をはじめ公的補助金制度など認知症の人をサポートする金銭的な制度も存在します。
まずは、ケアマネージャーに相談してみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/228-cd62e334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)