長期にわたる介護

介護は、
それをささえる家族にとって、長く厳しい戦いです。
本人にとってもそうなのですが、認知症の患者を抱える家族にとっても、
同じくらいの悲しみと辛さがあるのです。

公的な機関の調査では、認知症の平均的な介護年数は6.7年です。
また、10年以上という人も6人に1人程度存在します。
したがって、介護する人たちは初めから長期戦になることを想定して準備を進めるとよいでしょう。

介護にあたる家族や周囲の人間にとってもっとも大事なことは、決して一人で孤立しないようにすることです。
一人で背負うと介護疲れによる弊害で、心の病になる場合もあり大変危険です。
認知症の人に対しては、どんなに一生懸命介護してもそもそもコミュニケーションができないのでお礼の言葉はもらえません。
そうすると、だんだんと鬱憤や疲れがつもって心の負担になってくるのです。

したがって、できれば介護にあたる人は、相談できる友人をもっているべきです。
ちょうど同じような介護の悩みを抱えている人が居ればベストでしょう。
積極的に連絡を取り合うようにしてみましょう。

また、デイサービスを上手に使って、息抜きの時間を作ることも大切です。
普段からストレスを溜めないように注意しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/229-4276253b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)