認知症のケア~気分転換~

認知症患者にも心のケアというものが必要です。

そもそも認知症になってしまうと、今までの生活とは一変してしまったり、
好きなことができなかったり、患者自身にもこれからの将来に対する不安がつきものです。
したがって、患者の心は不安定になりがちなので、
なにか一つのことに集中できるような気分転換をすることが重要になってきます。

そうはいっても、認知症患者にできることは意外と限られています。

特に高齢者にとっては外でスポーツしたり、山登りなど体力の使うことはなかなかできません。

したがって、ちょっとしたことでもよいので、患者さんの興味や関心に合せて、無理をしないでできることを探っていく必要があるといえます。

たとえば、畑仕事などは高齢者にも向いています。
また、順調に育って収穫できればやりがいに繋がりますし、
外に出て自然に触れあうことにもなるので万人向けだといえるでしょう。

身近なことで言えば、おやつの時間をもうけて毎日、さまざまなデザートを与えたりするのもよいでしょう。
とにかく、生活に飽きさせずに手を変え品を変え、明るい気持ちをもてるようにサポートしていくことが重要になってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/234-c49d08a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)