認知症のケア~対応のコツ~

認知症患者とのコミュニケーションは独特のコツが必要になってきます。

うまくいかない場合も多いのですが、それにめげずに出来るだけのことをしてあげましょう。

例えば、患者さんから無理な要求をされた場合は、どうすればいいのでしょうか。

大人としてはアレコレ理由を説明して否定してしまいがちですが、
そうなるとなかなか感情のコントロールがうまくいかない場合もあります。

したがって、なにか無理な要求をされても真っ向から否定せず、
ますは相手の立場になって同感してあげることが必要です。

「そうですね」「わかります」などと共感する気持ちを表現してあげれば、
しばらくすると大人しく言うことを聞いてくれる場合がほとんどですので、落ち着いて対応しましょう。

また、生活のときは可能な限り、一緒になにかをするようにします。

認知症患者と一緒にご飯をつくったり、掃除洗濯ができれば手間も省けて一石二鳥です。

無理をさせることはありませんが、放っておくとそれはまたそれで危険なので、必要なことを可能な限り一緒にやってしまえばよいのです。

このようなさまざまなコツを踏まえて、これからの長い看護生活をできるだけ、無理なく、楽しめるようにしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/235-56b56d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)