認知症のケア~コミュニケーション~


認知症患者は、

その症状によって友人関係が途絶えがちで社交のチャンスが無くなりがちです。

そのため、介護する人たちとのコミュニケーションが重要になってきます。

認知症患者とのコミュニケーション時には、
実際にケアをしていくなかで相手の話を十分に聴きながら精神的な支えにもなることが重要になってきます。

場面場面で、患者がその都度にどうしてほしいのか、何をしたいのかを理解し、認知症の人の感情や行動の意味などを考えながら、ケアをしていく必要があります。

例えば、名前を呼ぶときはどうでしょうか。

もしかしたら、患者さんにとってはもはや名前に反応してくれることはないかもしれません。

しかし、だからといって名前をつかわないのではなく、積極的にその人の名前を呼ぶことによって、気持ちが伝わって回復が見られるかもしれません。

その人がそれまでの人生でずっと大切に使ってきた名前を呼んであげることが、認知症患者とのコミュニケーションの第一歩です。

例えば、患者さんのほうから質問を受けることもあります。
そのようなときは、より親密なコミュニケーションをするときのチャンスです。
認知症患者は理解力が落ちている場合が多いので、ゆっくりとわかりやすく答えてあげることが重要です。
答えが理解できれば、そこからまた新しい会話が生まれ、認知症症状の改善や進行の阻止に役立つのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.09 Sat l 認知症ケア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/236-26a380a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)