腰は大丈夫?

介護士は腰が命です。

特にベッドがある入所施設では、腰にとって悪い姿勢での介助を行う機会が多いので、 特に気をつけましょう。

私は、入職して3ヶ月で腰を痛めました。

先輩からのアドバイスでコルセットを買いました。暑い夏でも外せない身体になってしまいました。
今は冬なので大丈夫ですが、夏は汗ばんでお腹が痒くなります。


先輩方にも聞きましたが、やはり腰に力を入れると痛いらしいです。

介助をするのは身体に大きな負担なんです。

ですが、自分の筋力で介助するのではなく、あくまで身体を痛めない方法で介助をするのが基本です。

先輩方に、口やかましく言われた言葉があります。

ボディメカニクス
(リンク先wikipedia)
です。

この介護技術を用いれば、身体に無理な負担を掛ける事なく、ご利用者様の介助が出来ます。

が、時間がない時はどうしても無理な態勢で仕事をしてしまいがちです。

同年齢の男性よりも腰や肩は弱っていると思います。

ボディメカニクスに基づく介助方法を行う以外には、

休みの日や勤務終わりで定期的に健康ランドやストレッチなど、
自分の身体のケアをする事も大切だと思います。何より身体が一番大事です。

私はドラッグストアで安いコルセットを買ってしまいましたが、やはり高いのは、それなりに通気性や耐久性や機能が優れているようです。

自分自身の身体ですから、コルセットも必要だと思いますよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.10 Tue l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/253-624e9f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)