どんな仕事でも仲間内から嫌われる職員がいるものです。

どのようなタイプの介護職員が嫌われるのか・・。 
ズバリ、仲間意識の無い職員が圧倒的に嫌われます。

何故か・・・、それは介護とはチームプレイだからです。

月に売上がいくらだったとか、こんないい商品が開発出来たとか、具体的な目標やノルマがない分気楽な仕事と見られがちです。 ですが、

目標やノルマがないからこそ人の性格が問われます。

いくつものマイナス要素があったとしても、例えば人の2倍商品を売るとか人が成し得ない業績を作る人物なら、多少のマイナス要素は目を瞑られます。

ですが、介護の世界にはそれがありません。ので、人当たりの悪い人は単純に嫌われるわけですね

技術が伴っていない人に対して教育します。ここが悪い、とかこの方法はこの方にあっていない、と指導されます。

それを素直に認めて改善しようとする人は嫌われません。

が、自分の非を認めず改善をしようとしない人は嫌われます。

どこの世界でも一緒ですよね。介護職には目標やノルマがないから挽回するチャンスがありません。

嫌われるだけならいいでしょう。ですが先程挙げた、チームプレイの観点から見るとどうでしょうか?

ユニットケアの場合ユニット内に掃除機や洗濯機、台所まであります。さて、これから夜勤が始まります。他のスタッフは定時になり帰って行きました。

夜勤の仕事として洗濯機を回したり洗濯物を畳んだり、夕食の片付けをしたり、掃除機のゴミを取ったりしなくてはなりません。

夜勤時間は長いので、まぁゆっくりやって行けばいいか。これは嫌われている職員バージョンです。

嫌われていない職員なら、「洗濯機回しておきました」「畳んだ洗濯物、各タンスに戻しておきました」
「掃除機のゴミ終わってます」

これぞチームプレイですね。

夜勤帯はいつ忙しくなるか分かりません。

夜勤者の為に空いている時間を見て、前倒しが利くような雑務は他の勤務者が代わりにやっておいてくれる。

何故そのように夜勤者を助けてくれるのか?それは逆の場合でも雑務を代わりにやっているからでしょう。

嫌われている人はそれが出来ません。例え前回自分が洗濯物を畳んでもらっていたとしても、仲間意識がない為に自分からはやらないのです。

そういうすれ違いが起こるたびにどんどん嫌われていくのです。

特に、ある程度職歴の長い職員に多いのではないでしょうか?後輩から注意されて不貞腐れ、改善をしないような人物。

加えて仲間意識がないから仲直りも出来ず、1人孤独な立場に追いやられていく。

そんな事になりたくなければ、・ありがとうと思えば口に出してありがとうと言う・助けられれば助かった、と言う・注意されれば何が悪かったのか自己反省するこの程度の事が出来ない人は総じて嫌われます。

介護の世界は特に女性社会的な雰囲気がありますので、自分さえ良ければそれでいい、と思っている人は長続きしません。

介護はチームプレイです。自分1人で出来る仕事ではありません。

常に職員同士でもコミュニケーションを取るようにしましょう。     
夜勤や日勤はそれぞれ役割があります。夜勤の人は1階と2階のトイレ掃除をするとか掃除機をかける等
結構、沢山業務があります。

例えば、2階の掃除は日勤の担当だとします。
掃除がてらにトイレの床を掃除機をかけてついでにトイレ掃除をする。
2階のトイレ掃除をやっておきましたって言えば相手も仕事が少なくなった分、嬉しいはずです。

手伝う時は、いつも以上に念入りにやります。
適当にやるとかえって、逆効果になり、余計な事しゃがってとおこられます。(泣)

朝の食事の支度も夜勤が担当だとすると
日勤の人は手が空いた時にご飯の盛り付けや味噌汁をよそったり
それだけで随分、助かります。

私は夜勤をやっていたので気持ちがわかります。

手を洗うついでにコップを洗うとか
ほんの少しの時間でできると思います。

できない人は私の担当業務でないからやらない テレビを利用者さんと一緒に観ていたりしてます。


重要なのは黙ってやらないで必ず、手が空いたので○○をやりますと
一言言うことです。

たとえば洗濯機を回さないのは何か他の物も一緒に洗いたいとか訳がある場合があります。

勝手にやると えっ 洗濯機回してしまったの? 洗うものが他にあるので 余計な事しやがってとなります。

特に私みたいな下っ端は相手以上に動かないと評価してくれません。
また、手を抜いても駄目です。

一生懸命やるのみです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.22 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/26-684bbce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)