介護資格といっても、民間のものも含めれば、いくつもの種類があります。

数がたくさんありすぎて、いったいどの資格を取得したらいいのやら、迷うこともあるかと思います。
今回は、就職に比較的有利と言われているものを中心にまとめてみました。


介護資格の種類・一覧

介護資格の中で有名なものは、介護職員初任者研修課程(旧 ホームヘルパー2級)、介護福祉士実務者研修課程(旧 介護職員基礎研修)、介護福祉士です。このうち、介護福祉士が国家試験となっています。この他、よく知られているものとして、ケアマネージャー、ガイドヘルパー、介護事務などがあります。

また、介護職員実務者研修は無資格でも資格を取れるのが特徴です、
この資格で三年経験を積めば、国家試験の福祉士の資格が取れます。



・介護職員初任者研修(旧 ヘルパー2級)
・介護職員実務者研修(旧 介護職員基礎研修)
・介護福祉士(国家資格)
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・移動介護従業者(ガイドヘルパー)
・介護事務


さらに次のような介護・福祉系の資格があります。

・社会福祉士(国家資格)
・福祉住環境コーディネーター(1級~3級)
・福祉用具専門相談員
・居宅介護従業者
・重度訪問介護従業者
・行動援護従業者



一番有名なのが介護職員初任者研修(旧 ヘルパー2級)です。
無資格でも働く事ができますが、そういう所は人が集まらない、離職率が高くあまり
良い施設はありません。
求人を見ると介護職員初任者研修(旧 ヘルパー2級)が最小執拗資格になります。



介護事務資格は民間の資格です。

特に必ず必要は資格ではありませんが、
福祉施設や医療機関、介護サービス事業所などでの、
利用者様への介護サービスの説明、
介護報酬請求業務(レセプト作成)、受付業務などが主な仕事です。
介護職と介護事務を兼任する場合もあります。

実習を中心としたカリキュラムなので、わずか3日間で、基礎から応用まで確実に学べます。

もっているとかなり就職に有利です。




imagesCAY1Y9NN.jpg













このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.22 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/27-3b2bbfd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)