国としても介護職には改善すべき問題があると認識し今後の介護職のあり方について日本の介護の現場に精通した人たちがま とめたものからこれからの介護職について考えてみましょう。 

日本は少子高齢化社会。

この状況は間違いなく進んでいきます。

そこで介護職は必要不可欠な職業となります。

介護はこれま でもより重要視されなければなりません。

そのためには人材の確保と介護の質の向上と言う点は重要です。

しかし現状から容 易にできることではありません。

ここには厚生労働が省関わり主導していくことが必要となります。

そして改善されていくのです。

だからと言って国任せでは 改善されてはいきません。

介護の現場の改善が一番のポイントです。

なにより介護現場を魅力的で働き甲斐場所であるものにしていく事が改善の一番の方法です。

介護の現場が魅力的になれば介 護職に優秀な人材が育ちます。

そうなれば今問題となっている介
護の現場の人材の育成も変わってくると思います。

介護の現場は継続的な研修はほとんど行 われていないのが現状です。

実践のみの職場がほとんどなのです。

関係団体を意見交換をして質の向上を図っていきたいもの です。

そして国民の介護職への理解も重要なポイントです。

介護職には問題がたくさんあります。

しかし将来必ず必要とされる職業ですから改善に取り組まなければなりません。 

資格においても『介護福祉士』は国家資格にもかかわらずその資格でできることが明確になっていないのが現状です。

その辺 も価値あるものにしていかなければならないと思います。

現状

2000年に介護保険制度が始まり民間業者が介護サービスを提供することができるようになりました。 

紛れのない高齢化社会である日本においては介護は必要不可欠です。

介護職は高齢者の生活をサポートする大事なお仕事なの です。

この社会状況から需要は減ることはないのです。 

しかし、介護職の現場は需要と供給のバランスが取れていないのが現状です。

そこにはまずは給料の問題があります。

肉体的 にも重労働ですし精神的にも堪える仕事です。

ですがこれに似合ったお給料が支払われないのが現状なのです。

ここで介護保険についてお話ししていきましょう。

介護保険は要介護者の状態に応じて受けられるサービスの規定があります。

それらの費用には余裕がありません。

介護サービ スを行う業者の経営状態は厳しいものです。

そこで抑えられる経費は人件費と言うことになるのです。

これはサービスの質を 落とすことになります。

そこで改善への検討が行われています。

介護職は肉体的にも精神的にもしんどい仕事です。

これは携わっていない第三者でも理解していると思います。

しかし「あり がとう」と言われることにもったいない思いや反対に感謝されたりと気持ちを温めてくれるお仕事でもあります。

人とのかか わりで元気をもらったり勉強させてもらったりと得るものが多い職業でもあります。

労働条件が悪くても、感激の多い職種と 言えるかもしれませんね。

 しかし現在の介護職での平均収入では家族を養う事は出来ないの現状です。

男性は介護職から離れていかなければならない状 況に追いやられてしまうこともあるのです。

介護職の価値の評価が上がることが介護職を身近なものにすることができるかも しれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.22 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/28-48cffd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)