ストレス

介護職に携わる方はストレスとの戦いだといわれます。

これは納得できる事実ではないでしょうか。

子供ならうまく意思の疎通だできなくとも子供だからと諦めたり将来の楽しみが打ち消してくれたりします。

しかし介護はほ とんどが高齢者対象です。

相手は大人です。跳ね除ける力も強くはっきりとした意思表示の元心無い言葉を吐くこともありま す。

そんな中でのお仕事です。

常に大きなストレを抱えることになるでしょう。

この思いを共有できたらどうでしょうか。

「そうよね」と同じ気持ちになれるということはよりどころを見つけられ安心する ものです。

現代はそれを共有できる場があります。

インターネットのサイトを利用することで同じ環境の人と出会うことができ気持ちを 共有できるのです。

介護への悩みを抱えている人は全国にいます。

この人たちと係わりあうことで介護への思いを共有しお互 いに知恵や経験をも共有できるのです。 

介護職のためのサイトを開いてみましょう。

サイトの利用は無料。る

会員登録が必要なサイトもありますが誰でもが閲覧できるサイトもあります。

仕事は介護に限らず大変です。

悩むことも多いものです。

しかし介護職は一般的に頭を抱えることが多いといわれています。 

これは介護にかかわっていなくとも納得できることではないでしょうか。

マニュアル化されることは一つもないと思うのです。

毎日違ったケースの出来事が起こるはずです。

例えば幼稚園や保育園で も朝の始まりから終わりまでが時間割があると思います。

しかし介護はそれに合わせて進むはずがないのです。

 いつも行きあたらばったりで最善の方法を見つめなければなりません。

そこにお世話と言う労働ものしかかってくるのです。

そして報酬はに合っただけはいただけません。

文句の一つも出てくるの が当たり前です。

 介護職を辞める理由の一つがここです。

仕事のきつさとお給料の反比例。どうしても納得できないという結果から離職を選ば れるのでしょう。

それと新人の方の教育の場がないことも新しい人材が育たない結果を生んでいます。

新人も入社した日からいきなり一人前扱 い。人手としての扱いになります。

それほど介護の現場は忙しいのです。

新人研修などしているほど悠長ではないのかもしれませんがそれが人材を育てられず忙しままの現場を招いているのです。 

若い人が介護専門の学校を希望することは多くみられます。

しかし実習ですでに断念したり労働条件の悪さに
給料の少な さなどから介護職に就くことをやめる人も多いようです。

また男性は家族を養えるだけの給料をもらえないということで転職 していかれる方もいます。

この状況を改善していかなければ介護は成り立っていきません。

政権を握っているのが自民党です。
投票にいれたのは老人がほとんどです。
自業自得です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.22 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/29-26648aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)