介護の仕事は命懸けですよ、でもね、素敵なお仕事です。

介護職の8割が腰痛に悩まされている・・・

現実問題として、ほとんどの職員が腰痛持ちです。 

離職率も高く、求人が追いつかず、現職がさらなる負担を強いられる。

悩み多き職業でもあります。

かくいう私も腰痛から膝痛に悩まされ、だましだまし、一生懸命に働いていました。

帰宅すると歩けなくなるほど、激痛が走ることも、日常茶飯事です。

でも、私たちは介護のプロフェッショナルです。 

すべては、「ご利用者様とご家族の為に」の信念は変わりません。

笑顔・感謝・抱擁・時には拝まれることも・・・

こんな素敵な仕事は無いと思いませんか? 

「絶対、居なくならんでね!お願いします!アンタたちが頼りじゃかいね。」・・・そうです、

あとは死ぬだけの老人利用者さんたちの 唯一の救いは私たち 介護職なのですよ。 

命を削ってでも 奉仕する。

それが私たち介護職の使命であります。 


これから、介護の仕事を目指す皆さん、

介護ほど素敵な仕事はありません。 

綺麗事を言う気はありませんが、相当の決心をして下さい。 

新人・ベテランを問わず、利用者さんに接する時は、みんな介護のプロフェッショナルなのです。

挫折と諦めと体調不良に悩まされることは必然です。

それを乗り越えて介護のプロ意識を持っていただける日が来ることを祈ってやみません。・・・・・

あとは、自分自身のやる気です。

ため息しながら、仕事をしていても面白くありません。

給料が安い安いとぼやいても仕方がありません。

介護士の皆さん、利用者様のために、自分の為に頑張って行きましょう。
\(^^)/

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.13 Fri l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/296-10ed9fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)