「高齢者の言葉には 本音と反対の意味がある」

高齢者と話すと 出てくる言葉には 反対の表現があります。

たとえば・・・・

「早くお迎えが来て欲しい」
「私のことは 気にしなくていいから・・・」

高齢者の口癖になっているような言葉です。

特に「早くお迎えが来て欲しい」という言葉は 介護施設の高齢者に よく聞く言葉です。

そのまま聞いてしまうと
「早く死にたい」
「もう 何時 死んでもいい」

という意味になります。

しかし 高齢者の本心は「死を覚悟しないといけないけど まだ 生きたい」
と言う意味になります。

介護施設の高齢者の口癖です。もっとも 介護施設の暮らしが長くなると 人生に諦めを持っている人が多いのも 現実です。

介護施設に入居することは もう社会に復帰できない!!
と言われたみたいなものですから

あきらめの境地です。

介護施設の中でも「間近で 人の死を見ますから 死に対する恐怖を逆の表現で あらわしているともいえます。

また 高齢者の言葉で
「私のことは 気にしなくていいから・・・」
という表現も 逆の内容が多いみたいです。

高齢者も 本当は気にして欲しいけど 面倒な顔をされたくない!たとえば 家族で食事に出かける時などは 高齢者に声をかけると よく言う言葉です。

家族の足手まといになりたくない!と 気を使って 口から出る言葉です。

確かに 家族との食事では、普段食べないような料理も出てきますから 高齢者にとっては 興味はあっても食べられないものもあるでしょうし 洋食だったら フォークとナイフでは 食べられない! という消極的な発想もあります。

高齢者の言葉の表現には 二重の意味があることや 反対の意味があることを理解したいものです。

難しいです。

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.14 Sat l 介護職って l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

本音は生きたい!
そうなんですよね、口では早く死にたい、もう十分、など言いながらお医者さん大好きでそんな事で医者に行くの?な事で行きたがる。

午前中パート、午後は自営の手伝い
その合間に医者はきつい。

内科は1時間、整形は2〜3時間は当たり前。(予約入れてあるのに(-。-;

何でもない時の言葉は私達に気遣いした言葉ですよね。




2013.12.15 Sun l チータル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/318-a060e101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)