■中高年だからできる介護士

中高年の私は、たしかに若い人と違って体力はないです。

それは認めます。しかし、新人でも、今までの仕事に対する経験があります。

業種が違っても、決して、今までの経験は、無駄だったとは言えません。

どんな業種でも、辛く、苦しい経験をしています。

昔の苦しい経験があるから介護士をやっていけるのです。

力を入れる時と力を抜く要領が身についています。


40代、50代、60代は中高年といわれています。 

またの名をおばさんパワー。 

恥じらいがなくて、でしゃばりで、自分のことしか考えてない! 
と悪口ばかりが聞こえてきそうですが・・・

おばさんやおじさんだからできることがいっぱいあるはず。

老人施設を利用しているかたは自分の親と同じが祖父、祖母ぐらいですよね。

すると、自分の小さかったころの思い出話をしてみてください。

きっと共通する話が出てくるかと思います。

昔の遊び。食べ物。音楽。洋服。学校。

昭和30年代の懐かしい話に花が咲くでしょう。 

本でしか見たことのない10代、20代の若い子にはわからないことです。 

年を重ねているから語れる思い出話なのです。 

利用者の近くにいることができるのは中高年の特権です。

認知症の方は、今の記憶はすぐに忘れてしまうけれど 

長期記憶と言って昔の記憶は鮮明に覚えているものです。 

自分の青春時代、一番自分がイキイキとしていた時代。 

その話を利用者の方はずっと話してくれます。 

逆に聞いて欲しいのです。 

身の回りの世話だけではなくて、   
何もできなくなった今の自分ではなく、 

昔の自信をもって生きていた自分のことを聞いてほしいのです。

若い人よりも側に寄り添えるのが中高年なのです。

もっと、もっと、利用者の心の側に寄りましょう!! 

おやじパワー前回で頑張りましょう

最近、加齢臭が気になっています。
服を脱ぐと臭いです。( ̄▽ ̄)

↓ ぽちっと押して頂けると、今後の励みになります。m(_ _)m




   
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.18 Wed l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/331-d5aa0e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)