団塊の世代が「皆で童謡、演歌」に満足できるか 

最後にもうひとつ。あと10年も経てば、団塊の世代にも要介護者が増えてくるでしょう。

今の80歳代、90歳代をイメージした高齢者観はもう通用しなくなります。

自分のしたいこと、したくないことをはっきり主張する世代。

音楽ひとつとっても、デイサービスで「さあ皆で童謡、演歌を歌いましょう!」なんて言って、何人が楽しめますか?

ビートルズに熱狂し、フォークソング全盛時代に生き、ジャズやクラシックにはまった世代ですよ。 

逆に言えば、介護分野はまだまだ発展途上であり、これからどんどん変革していく、あらゆる可能性のあるジャンルです。

旧来型のやり方では、差別化が図れなくなるります。

保育園と老人福祉との合併もあります。

幼児は利用者さんは先生であり、
利用者さんは幼児を自分の息子や娘を思いだす。

幼児が近所の大人とふれあうCM
をやっていてふと思いました。

古い考えを改める時期にきているかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.23 Sat l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/43-60dcc981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)