今日、親父とこんな事を話した。

保育園と幼稚園仕事は何故、給料がいいのか?
福祉は安いのか?

おやじ:そりゃ~将来をみなう子供たちを預けるのと将来が終わって後は年金を使うだけな人と訳が違う

俺:......確かに

俺:じゃ~保育園と幼稚園と介護福祉と一緒にすればいいのに

おやじ:免許や国の管轄が違うから難しいよ。

俺:そうなの?

こんな話を今日した。

早速、調べてみました。

まず、幼稚園と保育園はどこが違いのか?

調べてみました。

■幼稚園と保育園の違い

基本的に、幼稚園は学校教育法に基づいた学校であり、保育園は家庭の事情で乳幼児を保育を出来ない場合に保育を行う児童福祉施設です。

つまり、幼稚園は教育を行う場であり、保育園は親の代わりに保育をする場、という違いがあります。

これらは制度上の違いで、幼稚園でも「保育」という概念を持っていたり、保育園でも「教育」に取り組んでいる場合があります。

監督官庁

<幼稚園>: 文部科学省
<保育園>: 厚生労働省補助金の基準や出所が異なる。

法律

<幼稚園>: 学校教育法
<保育園>: 児童福祉法施設の位置付けが、幼稚園は「学校」、保育園は「児童福祉施設」

保育指針

<幼稚園>: 幼稚園教育要領
<保育園>: 保育所保育指針満3歳児以上の保育内容の項目については、平成13年度以降、統一されている。

先生の必要免許

<幼稚園>: 幼稚園教諭免許状
<保育園>: 保育士資格証明書

資格の内容

<幼稚園>: 教員免許の一種。平成12年度3月取得者は短期大学及び指定教員養成機関の卒業者が全体の約82%。学校では「教科に関する目」(音楽、図画工作、体育等)及び「教職に関する科目」(教職の意義に関する科目等)を所定の単位数修得。

<保育園>: 厚生労働大臣の指定する学校などを卒業もしくは保育士試験(国家試験)合格者。約90%学校卒業者。平成15年から、保育士と称して保育の業務を行うためには、試験に合格の上、都道府県に保育士登録を行うことが必要になった。社会福祉・児童福祉・児童心理学及び精神保健 ・保健衛生学及び生理学・看護学及び実習・栄養学及び実習・保育原理及び教育原理 ・保育実習 を学ぶ。


との事です。
難しい(T-T)

様は免許が無ければ子供と接してはならないと言う事です。

逆に福祉は無免許でも出来るです。

国も教育と介護ではやはり教育にお金をつぎ込むのは理解できるが
誰でも歳をとるのであり、何のために年金や介護保険を納めているのでしょうか?
現在の理念は年金とは将来の暮らしの保証ではなく、現在の老人の為の暮らしを支える為の年金であるという。

後、10年すれば大正生まれがいなくなり若干、65才以上が少なくなるがこれからの保証はどこにもない。

利用者さんが良く言うのは
もういいよ。面倒かけてばっかりで、私は早く死にたいという人が
多い、家族もそう願っている。

医学が発達して長生きする人が多いと良くいいます。

そこに矛盾とジレンマがあり福祉法とギャップがある。

難しい問題である。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.25 Mon l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/63-3971c533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)