最近、新しく改正した施設
サイト付き高齢者向け住宅とは?

新しい住まい「サービス付き高齢者向け住宅」(以下「サ住」)と有料老人ホームの違いがわかりますか?

両者の違いをよく理解した上で、自分のニーズに合った住まい、暮らし方を選択することが求められています。

サービスを中心に、両者を比較してみます。 

「サ高住」と有料老人ホームの大きな違いは、

介護サービスの提供です。

有料老人ホームにもいくつかタイプがありますが、
「介護付有料老人ホーム」では「特定施設入居者生活介護」という介護保険サービスが利用でき、ホームの顔なじみのスタッフによって、
介護、健康管理、食事、生活相談、レクリエーションなどのサービスが総合的に提供されます。

「住宅型有料老人ホーム」では、介護が必要となった場合、居宅介護支援事業所にケアプラン作成を依頼し、訪問介護などの介護サービスを個別に選び利用しながらホームでの生活を継続することができます。 


一方「サ高住」では、基本的には住宅内で提供される必須サービスは安否確認と生活相談のみ。

食事や介護、医療サービスなどは住宅ごとに異なり、入居者が必要な外部サービスを自ら選んで契約します。 

実際には、ほとんどの「サ高住」が食事を提供しているようですが、それ以外のサービスについては、介護や医療を手厚くしているところから、安否確認と生活相談のみのところまでさまざまです。

「食事があるから」「費用が安いから」「高齢者向けだから」と安易に選択すると、「自由な食事のほうがよかった」とか「介護がなかった」などということになるかもしれません。


費用に含まれているサービスは何か、介護や医療が必要となったときの対応は? 分かりにくいのです。

高齢者向け住宅だからといって、必ずしも介護サービスの手厚い住宅ではない。

「サ高住」は60才以上であれば誰でも入れます。

わかりやすく言えば管理付きマンションです。
下にガードマンがいて、サービスに応じて有料でサービスをうけます。
食事、リクレーション等、大体がパックになっています。

住居は自分の家なので何時に起きるとか制限はありません。
自由に外出ができ束縛はありません。

メリット・デメリットについて考えたいと思います。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は色々な形態があるので、一概には言えませんがまとめてみました。
あくまで多数の場合です。

例外もありますので、ご了承ください。

<メリット>
●入居一時金がかからない。
●自由度が高い。(様々な生活スタイルに柔軟に対応)
●キッチンがついている場合は自炊可能。
●お酒やたばこも可能な場合がある。(不可の場合もあります)●住み替えをしやすい。
●ケアマネジャーを引き継げる。

<デメリット>
●月額の利用料金が少しわかりにくい(サービス支援費、部屋ごとの水道光熱費、食事オプション、その他オプション)
●重度の認知症の場合、住宅で対応できない場合がある。→共用玄関が4桁の暗証番号で、番号を覚えられない等
●介護付き有料老人ホームほど手厚い介護を受けられるわけではない。→あくまで自宅での訪問介護なので、いつでも対応してもらえるわけではありません。

介護プランに沿った介護となります。

●介護度が重くなった際に、住み替えが必要な場合がある。
→例えば、要介護5の場合、おむつの交換だけで介護費用の定額分を超えてしまう可能性があり、定額分を超えた部分は自己負担となります。そうした場合、経済的な負担の理由から特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームへの住み替えを検討しなければならない場合があります。

安否確認と生活相談が基本的になっていますので、身体または生活ねサービスを受けるのは自宅訪問介助になります。

あくまで自宅であるからです。
電気代やガス代も取られます。

分かりやすくいえば一階にガードマンがいて定期的に見守りをして
食堂がありリハビリテーションジムがあると言った所でしょうか?

有名な所でCアミーユですね。

サービス付き高齢者向け住宅の基本概念は、地域密着サービスになります。

地域の医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが連携して、高齢者をささえている地域密着型事業のひとつです。

サービスはお金次第になりますので、余計なことは出来ないようです。
勿論、要介護の人は介護サービスがありますので1割負担です。

また、ここでは、利用者様と言わずお客様になります。

シビアですね。(T-T)

さて、高齢者の受け皿になるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.26 Tue l 介護職って l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/77-cf3d7108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)