私は、週に夜勤三回、朝勤一回の過酷な勤務をしていた。

実際ありえないだろうが、可能である。
介護職のシフトは普通、日勤が2日で夜勤入って、明けと翌日は休みの繰り返しである。
それでも十分にキツイ。

夜勤、夜勤、明け、夜勤、明け、日勤で可能です。

夜勤、夜勤は辛く、なんだかんだで午後になり、睡眠を3時間位して、また夜勤である。

人間は朝起きて、夜に寝るように体内タイマーが働いているようだ。
インターネットで調べると太陽の光で、リセットされ朝だと体が認識するようだ。
だから、夜勤明けは、なるべく太陽に当たらないように書いてあった。
午後は、カーテンを閉めて睡眠をとる。夜勤に備えて、夕方に起きる。太陽なんかない。ねむい。
眠い体がを鞭を打って会社にむかう。

なんかリセットできる物はないだろうかと調べたら、光目覚ましがあった。値段は確かに高い(T-T)
これを買うぐらいだったらうまいものでも買えると思ってあきらめたのです。

たまたま兄にあった時に(焼き肉おごってくれる(笑))時に、たまたまこの話をしたら、兄の会社が通販をやっているので、会社にサンプルを置いてモニターが良ければ受注すると言ってくれたのである。ラッキー(笑)

モニターは私(笑)

早速、サンプルが届いて、早速モニター開始。

タイマーをセットして、就寝した。時間30分前になると光ものがあり、段々と明るくなるのが感じる。
暖かい感じがする。
自然に目が覚めて起きると予定時間の10分前。
光出してから20分で自然に目が覚めたのである。

はっきり言ってまだねむい。(T-T)
でも、体がなんとなく軽くなった気がした。
はっきり言って効果は解らなかったが目覚めが良くなったことは確かにだ。

レポートをまとめて、兄の会社に提出したが、その後は、聞いてない。(笑)

しかし19800円は高いか安いか?


OKIRO-オキロー光目覚ましは、部屋に差し込む太陽の光と同等の明るさを発する自然な光を再現しました。

この上なく快適で爽快な毎朝の、驚くほどナチュラルな目覚めをぜひあなたも体感してください。

コンパクトなボディに、独自の日の出機能LED照明システムを導入し、剛性と柔軟性の最適なバランスを持つことで爽快な目覚めのサポートを実現しています。

明るいのにギラギラしない、自然な光を発する日本製のLEDを搭載。まぶしくない光なので眼が疲れなく、目に優しい安心設計で毎朝の心地よい目覚めを誘います。
また、長寿命10,000時間で電球の交換不要のエコ設計です。

パネルには時間、光量、日の出、日の入り機能、アラームの表示を見やすく常時します。
また、ボタンはお子様やご高齢な方でも操作しやすい大き目のウインドウを採用。
ご自宅で新しいOKIROを起動するのはこの上なく簡単です。

これまでの目覚まし時計といえば音で起きるタイプが主流でした。
しかし、人間にとっては光で起きる事

口コミ





このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.27 Wed l 旬な推薦商品 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

光の目覚まし時計とは
2013.11.27 Wed l . URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://lifestyle0001.blog.fc2.com/tb.php/82-b5a49c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)